フィンジア

フィンジアの効果は使い方次第やで!効果倍増につながる適量・回数とは?

フィンジアといえばキャピキシルとピディオキシジル。新タイプの成分が注目されますが、容量が50mlしかないんです。

これってどう使えばいいんだよ。効果が望める量ってどれぐらい?とお悩みの人に、最も効果的な使い方をアドバイス。

そして、これだけは守って!という外せないポイントも教えます。

フィンジアの効果的な使い方・公式サイトに学ぶ3つの基本

フィンジアはどう使えば効果が出やすい?それを知っている公式サイトに、基本的な使い方を学びます。

フィンジアの基本的な使い方①毎日朝晩2回を継続

使う回数は、1日2回が必須です。フィンジアは、1日中作用は続きません。朝使った後、およそ夕方以降には作用が薄れます。

なので、夜になってもう一度使う必要があるのです。

朝は出勤前に使い、夜は入浴後に使う。これを繰り返さないと、作用しない時間ができてしまいます。1日2回使うのは最低必要な条件なんです。

フィンジアはこういう性質なので、1日休むなどはもってのほか。朝晩2回を毎日休まず続けないと、効果は期待できません。

フィンジアの作用が切れるとどうなる?

薄毛の多くはAGA(男性型脱毛症)だといわれます。進行性の脱毛症なので、育毛剤の作用がないと、すぐに悪化し始めます。

育毛剤を使わない間は、進行が止まっているのではなく悪化しているのです。

朝晩2回、毎日休まず続けることが必要なのは、こういう薄毛の性質と、丸1日は作用が続かないというフィンジアの性質の両方が理由になっているのです

フィンジアの基本的な使い方②1回5~10プッシュ

フィンジアの使用量は、1回につき5~10プッシュとされています。

ずいぶんと幅がありますが、それも当然。薄毛の程度・広さは千差万別ですからね。何プッシュなどと決められるものではありません。

フィンジア1本が50mlで30日分なので、1日分が1.67ml、1回が0.8ml。これが5~10プッシュにあたります。平均すると7.5プッシュですね。

つまり、1日15プッシュくらいの目安で使えば、ほぼ1ヵ月使えることに。

たくさん使うとよく効くのでは?

フィンジアの効果を求めるあまり、たくさん使う人もいるでしょう。

でも、多く使っても吸収されず、頭皮に残って汚れになるだけ。かえって育毛の妨げになるので、オススメできません。それに、金銭的にも苦しくなりますし。

逆に、少な過ぎても効果はないので、基本通り5~10プッシュの範囲にとどめましょう。

フィンジアの基本的な使い方③シャンプー後がベスト

フィンジアの優れた成分も、頭皮が汚れた状態ではつけても浸透せずムダになってしまいます。

頭皮には常に皮脂・汗が分泌され、それにホコリや雑菌が混ざっているのが普通の状態。ワックスなど整髪料も残っているでしょう。

こんな汚れをシャンプーで洗い流した後が、フィンジアを使うベストな状態なんです。

朝のシャンプーはオススメしません

きれい好きな人は、日に2回もシャンプーするかもしれません。でも、それはちょっとやり過ぎ。頭皮の保護に必要な、一定の皮脂まで流されてしまいます。

シャンプーは時間的に余裕がある夜がいいでしょう。その後は朝まで眠るので、朝はそんなに汚れが溜まりません。なので、そのまま使っても問題なし!

忙しい朝に時間を割いてシャンプーしても、デメリットのほうが大きいかもしれませんね。シャンプーは、夜がオススメです。

基本的にはこれでいいんですが、さらに効果を上げるコツがあります。

フィンジアの効果的な使い方・効果UPの4つのコツを紹介

フィンジアは毎日使うもの。淡々と使うより、ひと手間かけると後で得られる成果は大きくなるでしょう。

超簡単なことなので、ぜひやってみてください。

フィンジアの使い方のコツ①ドライヤーをうまく使う

フィンジアをシャンプーの後で使うとき、濡れた頭につけるのは非常にマズイこと。残った水分とフィンジアが混ざり、薄められてしまうんです。

なので、まずドライヤーで乾燥させますが、まだ水分を感じる8割ほどまで。乾燥しすぎると、今度は浸透しにくくなるし頭皮も傷みます。

多すぎる水分を飛ばし、フィンジアを薄めないのがコツなんです。

ドライヤーは熱風注意!

ドライヤーの使い方にも注意が必要です。使い方によっては頭皮や髪を傷めます。

頭皮に熱風が当たりすぎるとヤケド状態にもなるので、同じ部分に長時間当てないようにしてください。

常にドライヤーを動かしながら、熱が一部分に集中しないように使います。主に髪の毛を乾かすことを意識して使いましょう

フィンジアの使い方のコツ②頭皮につけてもみ込む

フィンジアが必要なのは頭皮です。漠然とプッシュしても髪についてしまって、頭皮に届くのはわずかな量。

なので、まず髪の分け目を作り、そこを狙ってプッシュしてください。

そのままではムラになっているので、指の腹でもみ込むように塗り広げます。頭皮になじませながらもみほぐし、スムーズな浸透を促します

フィンジアは頭皮に浸透しないと効果は望めません。頭皮にあたるようにプッシュ、その後にもみ込むひと手間に、効果アップが望めます。

フィンジアの使い方のコツ③つけた後のマッサージ

フィンジアをつけたら、頭皮のマッサージがオススメです。

つけた直後のマッサージは成分の浸透を促すし、頭皮全体の血行がよくなります。毛根へ向かう血流も増えて、フィンジアの作用をサポートしてくれるでしょう。

長い時間かける必要はありません。1回1分程度でいいので、毎回実行すると効果的です。

ついでに百会のツボ押しも効果的

マッサージの後、頭のツボを数回押すのも効果的です。頭頂部にある百会(ひゃくえ)のツボは、抜け毛、薄毛に効果があるとされます。

百会の他にも角孫、風池、完骨 上星など、薄毛にいいツボがたくさんあるのでやってみてくださいね。

フィンジアの使い方のコツ④継続期間は半年と考えよう

フィンジアは、1~2ヵ月で効果が出るものではありません。頭痛薬や胃腸薬のような即効性は、全く期待できないのです。

フィンジアが毛根に働きかけ効果が見えてくるのは、髪の成長サイクルで数ヵ月間の「休止期」を過ぎて、「成長期」に入ってから。

効果が見えるまで、最短でも休止期を過ぎる数ヵ月はかかります。

ただし、個人差もあるし毛の状態も全部バラバラ。一斉に生え始めるわけでもありません。なので、少なくとも半年は続けるつもりでフィンジアを始めましょう。

3~4ヵ月でやめるのはもったいない!

始めて使う人の多くは、3ヵ月効果がないとあきらめます。

でも、もしかしたら生える直前なのかもしれません。ここでやめたら、それまでの努力がムダになってしまいます。

何とか頑張って半年は続けることが、フィンジアの効果を引き出すコツなのです。

フィンジアの効果的な使い方、次は最も重要なポイントです。

ここだけは守ってほしい・フィンジアの3つの重要な使い方!

フィンジアの使い方で、もし守らないと効果が半分なくなるかも、という重要なことが3つあります。

その①フィンジアは夜に使わないと効果が半減

フィンジアは基本的に朝晩2回使います。ただ、特に夜使うことには大切な意味があるのです。

その理由は、髪の毛が夜作られるから。髪は成長ホルモンの影響を受けますが、その分泌量はノンレム睡眠という深い眠りの時に特に多くなります。

増えたホルモンの作用で毛母細胞の増殖が活発になり、髪が成長するんです。

このときフィンジアの成分があると、ホルモンの作用にフィンジアがプラス。髪の成長には最高の環境が、夜の間に整うというワケなのです。

こんな事情があるので、特にフィンジアを夜使うことだけは絶対サボってはいけません。

その②頭皮マッサージも欠かせない

頭皮のマッサージは、血行を促すのが目的です。マッサージすると毛根部が活発になり、髪の成長や、抜け毛が抑えられることが期待できます。

つまり、これだけでも育毛効果が望めます。さらにフィンジアと同時なら、その効果のほどはいうまでもないでしょう。

方法は簡単。両手の指の腹で頭をつかみ、頭の前、横、後ろからてっぺんに向かってもみほぐします

次に百会のツボ押しで仕上げです。全部で1分もかければ十分でしょう。簡単ですが効果は大きく、やらないとフィンジアの効果は激減するかも。

その③シャンプー選びを間違えたら効果半減

シャンプーといえども軽く見てはいけません。フィンジアにとって一番困るのがシリコン入りのシャンプーです。

シリコンは髪をコーティングしてサラサラにしてくれるんですが、頭皮にもついてしまいます。

シリコンシャンプーを使うと、シリコンが毛穴や頭皮に貼りついてフィンジアの成分をブロック。成分の浸透などは望めない状態になるんです。

こうなると、フィンジアの効果は半減するでしょう。シャンプーはフィンジアシャンプーなど、ノンシリコンタイプを選ぶのがコツなんです。

まとめ

フィンジアは公式サイトが掲げる基本的な使い方を守っていれば、効果はしっかり期待できます。でも、可能なら効果アップも望みたいもの。

それにはひと手間かけましょう。

  • 使う前にドライヤーで乾燥
  • プッシュしてもみ込む
  • マッサージで仕上げ
  • 半年は我慢する

手間といえばそうなんですが、効果をUPする一連の動作ととらえれば、そう苦にはならないでしょう。ただ、半年の継続は忍耐が必要ですが。

最後に、これだけは守りたい大切な三ヵ条を。

  • 夜に使うフィンジアは休まない
  • マッサージを省略しない
  • シリコンシャンプーは使わない

これを無視すると、効果が半減するかもしれない重要事項です。

優れた効果を持つフィンジアです。うまく使って効果は目いっぱいいただきましょう。